プリンターで使うインクいろいろ

いろんなインクの情報教えます

インクはしっかり調べて買いましょう

中身の液体は顔料と染料の違いがございます

プリンターで使用するインクはすべて同じではなくて、液体の中身に関しては大きく2つの種類にわかれます。1つは染料タイプで、もう1つが顔料タイプです。染料タイプは中身の成分が水に溶けているので印刷した際にインクが紙に染み込むようにして作られています。そのためもう1つのに比べて紙が乾くのに少々時間がかかります。これはどちらかというと色の微妙な混ざり具合を重視する芸術写真などに重宝される傾向となります。一方の顔料タイプは中身の成分が水に溶け切っていません。これは印刷した際に紙の表面だけに吹き付けます。そのために速乾性が早くなります。もう1つの利点は色が染料タイプに比べて鮮やかです。なので微妙な色具合を重視しないビジネスでの文書やグラフ印刷などに向いています。ただし顔料タイプは液体の中の粒子が染料タイプに比べて粗いという性質があります。なので写真を印刷すると色がくっきりしすぎるので、芸術作品には向いていないかもしれません。

プリンターを買う時点で運命が決まるから

染料タイプにするか顔料タイプにするかは、プリンターを買う時点で運命が決まります。それぞれのプリンターは染料タイプと顔料タイプのどちらかを指定しているし、インクを詰めている容器の形状なども型番によってきまっているので、途中でインクだけを変更することは難しくなるからです。だからプリンターを買うときには、それが染料用か顔料用かを注意深く調べておかないとなりません。これらは家電量販店などでは店内の案内板などで書いていることもありますが、自信がない場合には担当のスタッフに聞くなどすると間違わなくて済みます。

互換と純正はどう違うのでしょうか

次に異なるのはインクの性能の違いです。お店で売られているインクは純正と互換が存在します。純正はプリンターを製造販売しているメーカーさんが販売していて、互換はそれ以外の会社が製造販売しています。価格は純正のほうが高くて互換のほうが安くて済みます。なのでお金をケチりたい場合には互換を買いたくなるかもしれませんが、中身の性能は純正のほうが圧倒しています。というのは互換が安いにはそれなりの理由がありまして、中身のインクが少々薄いなどしてコストダウンを図っているからです。そのために印刷したら色合いが何か薄いなどして、明らかに違いを感じとれます。他では中身を詰めている容器を回収するなどしてリサイクルしていたりもします。これらの方法で安さを実現していますが、品質が落ちるので液漏れとかICチップに不具合などが発生して残量エラーが発生したりなどの不具合率が少々高くなってしまいます。従って互換タイプを買う場合には、それらのリスクを承知したうえで買う覚悟が要求されます。

人気記事ランキング