プリンターのインクで困ること

インクの購入の手間や値段を抑えるには

プリンターをよく使うなら互換インクも検討の余地あり

便利なプリンターだが問題点がある

パソコンが自宅に一台もないという家庭はもうかなり少数なのではないか、というくらいパソコンは日々の生活の中に浸透しています。もしくはパソコンは持っていないけど、スマートフォンで代用しているという方もいらっしゃるかもしれません。パソコンやスマートフォンの周辺機器で使用頻度が高いものと言えばプリンターがあります。パソコンやスマートフォンから印刷ができ、あると非常に便利な機器です。プリンターの値段もかなり下がってきていますが、インク代が高いと感じている方は多いのではないかと思います。使用頻度の高い黒や赤のインクはすぐになくなってしまいますし、こないだ交換したばかりなのに、と感じたことがある方も少なくないでしょう。すぐに使い切ってしまうインクだからこそ少しでも安く済ませたいと思うことは当然のことだと思います。

プリンターのインクを購入するときに不便だなと思うことにプリンターのインクは多くの種類があるということが挙げられます。家電量販店で購入したことがある方はご存知かと思いますが、店舗によってはプリンターのインクだけでコーナーができるくらい大量に陳列されています。使用しているプリンターの機種やメーカーによって使用できるもの、できないものがあるので事前にプリンターの機種を覚えるか、現在使用しているものと同じものを探すことになるかと思います。それでも目当てのものを探し出すのは一苦労ですし、本当に合っているのかと不安にもなります。今すぐ必要という場合以外は通販で取り寄せた方が間違って購入するリスクも抑えられることでしょう。

プリンターのランニングコストを抑えるなら

家電量販店でインクを購入する場合はプリンターのメーカーが販売している純正品が多く場所を占めています。純正品なら発色も良いでしょうし、買ってみたけど使っているプリンターには使えないものだったということも少ないです。ですが、デメリットはやはり価格が高いというところではないでしょうか。頻繁に購入することになりますので、あまり高いものですとランニングコストも大きくなり、なるべくプリンターの使用を控えるという本末転倒なことにもなりかねません。純正品にこだわらないということであれば互換インクというものも存在します。互換インクとはプリンターのメーカーではない企業がそのプリンター向けに製造している商品で純正品よりもかなりお手頃な値段で購入することができます。ものによっては耐水性がないなど、安いなりの理由はありますが、通常の使用をする限りでは気にならない程度です。何より価格が安いのでプリンターをよく使うという方にはおすすめです。純正品ではないので購入の際は使用しているプリンターに対応しているかに注意しましょう。

人気記事ランキング